即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

記念貯金のために立ち寄る郵便局を取捨選択するにあたって、特定局の場合は何といっても局名が基準となります。土地柄を感じさせる局名や風情ある局名が良いわけです。これに対して簡易郵便局の場合、第一の基準は雰囲気や佇まいになります。もう何度も述べてきたことです。
橋と港と多島海を遠望する眺めが織り成す牛深の風景は素晴らしいものでした。去り難いのを振り切って県道35号を北上し始めたところ、久々に当たりの物件が現れました。

DSC09502_20180925172226a56.jpg
DSC09501_201809251722257ba.jpg
DSC09503_20180925172228fe8.jpg
棟続きの元商店が半ば廃墟になっているのに長屋の一角の郵便局だけが健在なのもかなりの怪しさですが、特筆すべきは壁に「コープ茂串簡易郵便局」と書かれていることです。まるでこれが正式な局名かのように見えます。まだまだ簡易郵便局の世界は奥が深いようです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する