即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC09526.jpg
その後国道266号で宇土半島の南岸を東へ走り、そのままその道をどんどん進んで熊本の市街地に入りました。北熊という店で昼にラーメンをいただきます。しかしラーメンにありつくまではひと騒動ありました。幾つかの店舗がある中で、当然今日の経路からいって自然で近い位置にある店舗を訪ねました。それが浜線店だったのですが、いざ店の前まで行ってみると配管工事のため臨時休業との張り紙がorz

わざわざやって来た熊本の町で何という不運でしょうか。しかしこうなったら後には引けません。別の店舗に振り替えます。市街地の車と信号の多さに苛々しながら二十分程も走って漸く長嶺店に辿り着いたというのが顛末です。

DSC09527.jpg
肝心のラーメンですが、白濁したスープはしっかりとコクがありながら余分な脂や濁りが一切なく、完成された味わいです。ここで福岡の豚骨ラーメンだと真っ直ぐな細麺なのですが、こちらは中太のちぢれ麺です。コシが強く黄色い様は北海道でお馴染みの西山製麺の麺を彷彿とさせます。濃厚なスープとの相性も良いです。卓上の桶にはもやしのキムチがたっぷりと盛られていて、好みでこれを乗せれば後半で味を変えられるようになっています。
面白いのは、食べ進めていくと丼の底の方から背脂が姿を現すことです。普通ラーメンに入れる背脂は上から振りかけるのが定石ですが、ここでは逆なのです。スープにコクを与える役目だけを果たしてもらって口に入れるのまでは遠慮したいという向きは最後にこれを残し、背脂も一緒に食べてより濃厚な味を楽しみたければ初めにかき混ぜるのも手というわけです。

印象的だったのは、十二時台だというのに店内が空いていたことです。これは新進のより美味い店が他にも沢山あると見ていいでしょう。熊本ラーメンもなかなか奥が深そうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する