即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

長年の願いが叶って遂に島原の町で飲むことが出来ます。こうなると絶対に失敗したくないところで、店選びは難航も予想されました。ところが意外な程にすんなりと決まってしまいました。近年はたとえば宿から一番近い店の暖簾をくぐるなど、偶然の縁も重視していると言いました。天草でもこれによって名店との出会いがありました。

DSC09662_20181002062122a97.jpg
実は今日はビジネスホテル泊を奢ったのですが、じゃらんから予約したところ、普通の素泊まりと同じ料金で近隣の飲食店の割引券が付くというプランがあったのです。こんなもの使うことがあるのだろうかと思いつつも、同額ならばこちらのプランにしない手もありません。果たしてチェックインする際、割引券と一緒に対象となっている店の地図を渡されました。その中で宿から一番近い店の前を町歩きがてら通り掛ったところ、佇まいが良かったので即決したというわけです。

DSC09663_20181002062123c3f.jpg
佇まいが良いとは言っても普段自分が行くような店よりも大分高級な構えに、一度は躊躇いました。しかしホテル泊を奢ってまで島原の町に泊まったのですから、ここで二、三千円を惜しむのは中途半端で却って勿体ないというものです。ここは金の使いどころと意を決して暖簾をくぐりました。
店内の構えも客あしらいも、普段行くような大衆店とは違います。これはいつもより一回り半か二回りは高くつくことを覚悟しなければならないと思ったのですが、結論を言うと一回り高いだけで済み、内容を考えれば実に良心的でした。割引券には300円相当と書かれていたのですが、この店では一番安い皿が450円なので、その中から一つ選んでくれと言われました。450円の居酒屋料理が多数あります。そこから選んだ鰯の梅煮はまさに絶品。箸先で崩れる程に柔らかく、味付けはどこまでも上品です。
刺盛りもネタ、仕事ともに文句の付けようがありません。こうなればとことん奮発するのみです。鯛の頭とアラを丸ごと焼いてもらいました。

一回り高いだけで済んだと言いましたが、生ビールに酒一合半、刺盛り一人前と鯛の頭焼きで五千円ちょうどでした。ちなみに生ビールはエビスで注ぎ方も完璧です。この先島原で飲む機会が果たしてあるかどうか。しかしもしその日が来ることがあるなら、次も真っ直ぐこの店に向かうでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する