即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

東京駅新幹線乗り場の名物といえば、その場で切符を買うための売り場が広大なこと、そこに終日途切れることなく多くの人が並んでいる光景です。その売り場の傍らには空席状況を示す画面が掲げられています。自分がのるべきのぞみ13号は、博多までだけでなく新大阪までも空席なしとなっていました。指定席はかなりの混雑でしょう。
しかし自由席は十分に空いていて、三列席が丸々空いているところが幾つもある程です。先日自由席に乗る際は三列席の通路際であるC席に座るべきだと力説しましたが、今日はパソコンを広げたいことと、天気が良いので富士山の眺めに期待して二列席の窓側であるE席を選びました。E席に座る場合に鍵となるのが、最も停車駅間が長い新横浜と名古屋の間で隣席に人が座ってくるか否かです。この結果によって道中での快適さがまるで違ってきます。しかしこの状態でD席に座って来る人がいる筈もなく、目下すこぶる快適です。まさに自由席大勝利。

指定席が一両、或いは半両分しかない地方の在来線特急では、指定席が混んでいるのに自由席ががらがらというのはよくある光景です。しかし東海道山陽新幹線は指定席が10両、自由席が3両という構成なのです。それだけにこのような逆転現象が起こった場合の優越感は大きいものがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する