即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

長年全国を旅して色々なものを食べ歩いてきましたが、福岡は個性的で美味い食べ物が目白押しです。素材の良さ、調理の洗練、食文化の成熟など様々な面において、全国でも屈指の美味が味わえる土地と言っていいでしょう。ただし、極めつけの居酒屋でいただくのもいいのですが、スーパーで買うなどして手軽に食べられるとよりその土地を訪ねた実感が強まるものです。那覇で毎晩のように晩酌のあてに食べていたゆし豆腐は忘れられません。

DSC00131_20181103174509595.jpg
福岡に来てもう三度か四度スーパーで買って食べたものがあります。胡麻鯖というのが有名ですが、鯖だけでなく鰺、ヒラス、鰤なども使われます。刺身よりはやや小さく切り分け、白胡麻をあしらい、醤油に漬けて食べるのです。玄界灘で獲れるものだけでは足りないようで、長崎産と書かれたものもよく見ます。鮮度は抜群で素晴らしいです。こうなると小さく切ってしまうのを少々勿体なく思うところですが、食べてみるとこれが実に美味いのです。

興味深いのが醤油の使い方です。私は甘いものが苦手な以外は好き嫌いはなく、全国何処に行っても何でも食べられます。匂いや癖の強いものでも平気で、くさやも鮒寿司も大好きです。そんな私ですが、未だにどうしても馴染めないものがあります。それが九州の甘い醤油です。慣れ親しんだ濃口醤油の方が魚介の美味さをより引き立てるように思えてならないのです。
ところが、この食べ方だと甘い醤油でいけます。鮮度が抜群で美味だと言いましたが、鮮度が良過ぎるくらいで、寝かさず身が活かったままの状態です。これには甘い醤油の方が合うのではないかと感じます。同じくらいに美味なら、より鮮度の良い状態で食べてしまう方が贅沢だとも言えます。そして安価です。このパックはスーパーの店頭で299円でした。この値段でこれだけ新鮮で美味で、当地の食文化の奥深さにも触れられるのですから秀逸です。この先も頻繁に食べることになるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する