即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

九州大学のキャンパスが郊外への移転を進めていると聞いていました。重厚な赤煉瓦の塀に沿って走ると、合間から既に敷地が広大な更地になっている様が見えました。しかし一部の建物はまだ残っています。もう誰もが自由には入れない状態になっていましたが、仕事で構内に入る機会を得たため、これを逃さず建物を写真に収めました。

DSC00263_20181121160029c4d.jpg
DSC00264_2018112116003114b.jpg
本部と書かれた建物は石と煉瓦で造られた幅の広い二階建てという、何とも贅沢なものです。内部の写真まで撮る時間がなかったのですが、使い込まれ磨かれた石の階段や手摺も価値のあるものでした。向かいの旧工学部と書かれた建物は、直線と曲線が不思議な感じに組み合わさった中央部が塔のように聳え、四本の柱を持つ大きな車寄せを構えた威風堂々たるもの。
どちらも価値ある大型建造物ですが、もしかしたらこれらも取り壊されてしまうのでしょうか。そうだとしたら非常に勿体ない話です。今後の予定が気になるところです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する