即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

例外的に一日遅れの報告となり、昨晩の居酒屋探訪記を書かせていただきます。

DSC00476_20181223095152d38.jpg
福岡名酒場案内に載っている店の訪問もひと段落、次の段階へ移行すると言いましたが、いきなりこの前言を訂正しなければなりません。偶然の結果ではありますが、百道まで歩いたことによって普段足を運ばない地域の店を訪ねる好機です。これを逃す手はないでしょう。
ここも海鮮系の良店として紹介されていました。博多港地区の西の端とも言える場所です。開店が五時ではなく六時で、偶然にも開店と同時に着きました。土曜日ということもあるのでしょうが、開店一番で予約客がどんどん詰め掛け店の入口が混み合っています。その様に興醒めし、一度は立ち去りかけました。しかし硝子戸の向こうに長いカウンターと何人もの店員が働く姿が見えて、この店は間違いないと直感したのです。

数分待って入店の混雑が引いたところで中に入ると、果たしてカウンターは二十人近くが座れる長さで、席数に対して多過ぎと思える程の十人もの店員がきびきびと動いています。期待しつつ注文した刺盛りは一人前が1,280円で九種のネタが一切れずつ、どれも大ぶりなので不足はなく、鮮度抜群で美味です。酒も良心的な価格で、接客も非常に素早く気配りもよし、待たされるということがありません。
なるほど周辺に何もない寂しい所ながら予約客で一杯なのも、これならば納得がいきます。しかし肴はものによってばらつきがありました。豆腐は大して良いものを仕入れていないし、焼き牡蠣や焼売はやや冷めていました。猫舌の私が物足りなく思えるくらいだから、熱々を望む向きからは文句の一つも出そうな代物です。刺身が抜群だっただけに残念でした。このあたりを踏まえた上で料理を慎重に取捨選択して注文すれば、かなり満足度の高い店となり得るでしょう。この立地だけに再訪の可能性は低いですが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する