即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC00502_201812301145175d8.jpg
ここも福岡名酒場案内に載っていた店です。天神のど真ん中の超一等地にこのような正統派の大衆酒場があるとは知りませんでした。一階と地階の二階建ての居酒屋で、立ち飲みが主ですが地階には椅子もあります。そうと聞いて下に降りたのですが、椅子は全て埋まっていました。そこで立ち飲みで始めたのですが、最初の生ビールを飲み終える前にすぐに椅子に移ることが出来ました。とにかく回転が良いのです。
食券制で、酒も肴も食券を渡して注文し、且つ受け渡し口に自分で取りに行くセルフ方式です。200円、250円、300円と各金額の共通食券を買い、棚に並んだ肴の中から好きなものを選んで伝えます。ハムカツや胡麻鯖のように人気のあるものには専用食券があるのも面白いです。棚を一通り眺めて狙いを定めてから食券機に向かうもよし、初めに食券を買ってしまって行き当たりばったりで選ぶもよしです。食券には整理番号のようなものはなく、ハムカツを所望したところ「はい、二番目です」と告げられました。店内に「ハムカツの方ー!」という元気な声が二回目に響いた時にすかさず取りに行かねばならないということです。このように揚げたての熱々で出してくれるのが有り難い一方、いつ呼ばれるものやら分からないのでいまひとつ落ち着いて飲めませんでした。しかしこれは慣れれば問題ないでしょう。
冷奴200円、ハムカツ350円という値段はこれぞ大衆酒場というもので、生ビールは450円ですが、通常の二杯分以上はあろうかというメガハイボールは480円という大盤振る舞いです。私も二杯目に飲んだこのメガハイボールが一番人気のようでした。一方でこれも350円の胡麻鯖は味、分量ともにまるで大したことがなく、この店で食べるべきものではありませんでした。

全体的に、再訪したいと思える程ではなかったというのが正直な感想です。しかし天神駅の大改札から目と鼻の先という立地は極上です。そして酒呑みというのは、時間などの制約がある時でもどうしても軽く一杯やりたいことがあるものです。このような手軽で安直な大衆酒場をおさえておくことには意義があります。
立地が極上ということも含めて、博多駅前の名店「寿久」に通ずるものがあります。そしてここは無休で昼の11時から飲めるのです。これぞ大衆酒場の鑑。この角屋と寿久、それに中州の「酒一番」を加えて福岡三大大衆酒場としましょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する