即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

先にも述べましたが、九州の列車は実に寒いです。暖房の効かせ方も弱いし、停車時間が長い駅でも全ての扉を開け放ったままなので車内はどんどん冷えていき、震えるような寒さになります。

DSC00848_201902191922472cb.jpg
DSC00849_20190219192248e42.jpg
そんな朝の列車に乗ってまずは直方までやって来ました。筑豊炭の集積地として栄えた石炭と鉄道の町。機関区を擁する要衝でもありました。かつての繁栄と今なお漂うどこか無骨な雰囲気を、直方駅から感じることが出来ます。広大な駅構内はここにかつて機関区があったことを物語り、昼に夜に真っ黒な機関車と貨車が出入りしていた往時が偲ばれます。
駅舎は近年建て替えられたものとは思えない重厚な佇まいです。真っ黒な寄棟屋根の堂々たる構えで、橋上駅でありながらあたかも地上駅であるかのように見える凝った造りになっています。のおがたという独特の響きも味わいがあり、他の町にはない無二の存在感がある所です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する