即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

(※居酒屋探訪記は今回は後日振り返る形で書きます)

DSC00898.jpg
「武蔵」を敢えて軽めに切り上げました。まだ外は十分に明るいです。二軒目へ移行しません。そして小倉駅に戻って来ました。この展開を読めた方はいらっしゃるでしょうか、本日の見せ場はここからです。小倉から下関行きの列車に乗り込みます。
旅名人の九州満喫きっぷについて、有料の優等列車と新幹線を除く九州内の全ての鉄道に乗れると言いました。しかしこれは厳密に言うと正確ではありません。厳密には、JR九州については「有料の優等列車と新幹線を除く全ての路線に乗れる」と言うべきでしょう。
鉄道趣味人ならばここで、なるほどそういう事かと納得するでしょうが、そうでない人は一体何を言っているのか訳が分からないと思われるでしょう。回りくどくなってきたのでそろそろ種明かしをしますと、門司~下関間はJR九州の路線なのです。つまりこの切符の適用範囲は下関まで。下関駅で下車出来るというわけです。これを活用しない手はありません。

DSC00900_20190219193540353.jpg
小倉または門司と下関の間をひたすら往復する関門連絡列車には独特の風情があり、素晴らしいです。白地に青帯の九州色に塗られた古い鋼鉄製の国鉄型車両が使われていて、デッドセクションで一時的に車内の照明が消えて暗くなります。この区間は海底トンネルで関門海峡を越えているというだけでなく、直流電化と交流電化が切り換わるのが特徴なのです。だからこの区間を走れるのは交直両用の車両だけで、それ故鹿児島本線や日豊本線に直通する列車は少なく、多くの場合は小倉と下関でいちいち乗り換えなければなりません。これがかつての九州行き寝台特急華やかなりし頃の機関車交換を彷彿とさせるのです。

長い編成を連ねた寝台特急の先頭に立ってきた直流機関車が東京駅からの長い旅路の末に下関駅で切り離され、関門連絡に特化した交直両用機関車に交代する。そして一駅走っただけで門司駅でまたすぐに、今度は九州内を牽引する交流機関車に交代するのです。この「儀式」を経て九州に上陸する旅情が一層盛り上がるというわけです。それはそれは良いものでした。この関門連絡列車の佇まいがあの頃の旅情を今に伝えています。

220M 小倉1716~下関1730

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する