即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC01035_2019032216004356d.jpg
話が前後しますが、昨日の家飲みで印象的だった事をもう少し振り返ってみます。同じ家での晩酌でも一人と二人では何故だか構成が大きく変わると言いましたが、その最たるが宅配ピザを注文したことです。宅配ピザの世話になるなど人生で数回目のことですが、半額クーポンにまんまと釣られたこともあり、たまにはこういうのも面白かろうと思ったのです。
この宅配ピザというやつ、昔から不思議に思っています。どう考えても割高であるにもかかわらず、世間での人気は衰えず安定しているように見えるからです。ピザが万人受けする美味な食べ物であることは間違いないし、温かいまま家まで届けてくれることは確かに魅力ですが、それだけでは説明がつきません。そして昨晩はさらに奇怪な事が起こりました。

DSC01036_20190322160044605.jpg
注文の電話を入れると、大体40分後くらいのお届けになりますとの返答でした。祝日の夜八時ならば当然混んでいるだろうし、そんなものだろうと思いました。ところが電話を切った12分後に呼び鈴が鳴ったのです。安全策で多少配達時間を長めに伝えるのは当然理解出来るのですが、40分と言われたところ12分とは幾らなんでも早過ぎる。さらには、インターフォンの画面に誰の姿も映らなかったのです。K君と二人で首をかしげていると、再び呼び鈴が鳴りました。またも画面に誰も映りません。玄関の正面に立つのを意図的に避けない限り、このような事にはなりません。

K君と、これはピザ屋ではない、怪しい、出ないで無視するのが良いという結論に達しました。すると程なくして電話がかかってきまました。電話の主は、ピザを届けに来たが不在だったので電話をかけたと言うではありませんか。やはり呼び鈴を押したのはピザ屋だったのです。しかしどうして12分という驚く程の早さで来たのか。そして何より、どうして画面に映らないようにしたのか。
どうにも不可解ですが、配達員は至って普通の男でした。以後頻繁に利用するならば、画面に映らないと無闇に扉は開けられないと改善を求めるところでしたが、もうそんな機会もないので何も言いませんでした。やや釈然としないながらもピザを美味しくいただきました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する