即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC01175_2019042114542859b.jpg
日本酒にいく前に、先発は勿論今日もビールです。一番搾り匠の冴なる銘柄を初めて飲みました。通常の一番搾りとの差異はごく僅かで、むしろ当たり前といえば当たり前の話ですが、殆ど同じ味わいです。その僅かな差を慎重に見出すなら、澄んで軽快な味わいだということです。ただしこれは必ずしも良いことではありません。通常の一番搾りに比べると甘味と苦味がそれぞれやや足らない印象を受けます。これは重厚さを欠くということですが、このようなより澄んで雑味がないビールが近年の流行であることは明らかです。
モルツよりプレミアムモルツの方が人気があるのが私には全く理解出来ないのですが、これなどその象徴でしょう。流行、人気でない銘柄も安易になくさず作り続けてくれればそれでよいのですが、アサヒプライムタイムやブラウマイスターのように、本当に美味であるのに廃止されたり、また市井でなかなか手に入らない例も少なからずあります。大手であるからこそ、一度世に放った銘柄は細々とでもいいから作り続けて欲しいものです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する