即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC02855_201907050642395ee.jpg
二軒目へ移行します。おでん屋は北海道ではありそうでいて珍しいものです。カウンターに着いてまず目に入ったのが、何とも立派な銅製の舟です。燗付け器が一体となったもので、ぴかぴかに磨かれて目にも眩しいくらいです。これは期待が高まりますが、残念ながら裏切られる結果となりました。
この舟におでんネタがぎっしり詰まって湯気を上げている、のではなく、蓋がされているのをおかしいと思っていたのです。折角のこの舟を使っておらず、まるで煮込みの足りないおでんが出されました。ただの茹で玉子でしかない玉子を出されて閉口しました。一体この店は今どういう状況になっているのでしょうか。聞けばたいへんな老舗のようで、かつては宝来町で営業していたそうで、女将は函館の繁華街の中心がいかに北へ移ってきたかを聞かせてくれました。それはいいのですが、現状がこれではおでん屋の体を成しているとは言えません。私の他に一人も客がおらず閑古鳥が鳴いていたのは偶然ではないでしょう。宝の持ち腐れとはまさにこの事、残念でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する