即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC02967_20190710061503a83.jpg
おはようございます。情緒ある港町、小樽で朝を迎えました。小樽ではライダーハウスに宿泊、と思っていたのですが、ライハと同じ料金で凄い宿があったのです。それがスマイルホテル小樽別館のドミトリー室です。

DSC02969_201907100615064ba.jpg
DSC02968_20190710061504c43.jpg
ドミトリー室とはいっても壁で完全に仕切られ、殆ど個室のようなものです。ベッドは十分に幅の広いセミダブルベッド、小物を置ける棚、コンセント、壁にはフックとハンガーが二つずつ。そしてタオル大小一つずつと足敷き、歯ブラシまで付いているのが嬉しいところです。このあたりはビジネスホテルらしいです。まだ出来て間もない様子で、何処もかしこもきれいで清潔です。シャワーとトイレは共用ですが、これらもごく清潔です。

DSC02970.jpg
DSC02971.jpg
ダイヤル式の貴重品ロッカー完備、Wifiは速度も十分、共用部には大量の本と漫画が置かれ、珈琲が無料で飲めます。冷蔵庫に電子レンジもあります。

DSC02966_201907100615010d1.jpg
さらにはバイクは屋根の下に置けます。今回は天気に恵まれましたが、雨の日は大いに重宝でしょう。小樽駅の目と鼻の先で立地は最高。まさに至れり尽くせり、完璧です。こんな宿にたったの1,500円で泊まれてしまうとは。
これはライダーハウス小樽と同額です。ただしバイクの駐輪代として一日200円かかります。全部で1,700円となり、ライハより高くなるわけですが、ここにからくりがあります。ライダーハウス小樽には風呂もシャワーもないので、必ず銭湯に行かねばなりません。しかしこちらはシャワーがあるので結果的にこちらの方が安価というわけです。

ライハとの比較ばかりは能が無いし失礼ではありますが、絶対評価としてこれまでに泊まってきた無数の宿の中でも傑出しています。また小樽に来る機会があるなら、泊まるのはここ以外に考えられません。それどころか、こんな宿があるならまた是非小樽を訪ねたいと思わせてくれます。小樽駅が目の前だから汽車旅にも使えます。秀逸とはこれを指して言うのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する