即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC03604_201908041656309e9.jpg
これも一昨日の報告になってしまいます。長いこと荷物でしかなかったフライパンが、本当に久し振りに活躍しました。新しいガスカートリッジを買ったのが中標津だったというのが思わぬ好機でした。
何だかんだでテントの中に籠って晩酌する場面の方が多いです。道の駅などでは当然そうせざるを得ないのですが、きちんとしたキャンプ場であっても、寒かったり、座る場所がなかったりするとそうなります。当たり前ですがテントの中で肉を焼いたりは出来ません。それをするには、広い炊事棟があり、そこに明るく照明が点かねばなりません。この条件を満たす所はありそうでなかなかないもので、すぐ思い浮かぶのは屈足のライダーハウスくらいです。そして中標津のキャンプ場もこれに当てはまります。広大な炊事棟はテーブルも椅子も十分過ぎるくらいあり、照明を好きなように点けたり消したり出来ます。ここは派手に肉を焼く場面です。

DSC03605_2019080416563177c.jpg
大きなスーパーが何軒もあって思い通りの食材が調達出来るのも大都会中標津の良いところです。屈足にはこれがない。そして酒の飲み方も変わってきます。晩酌の先発は必ずビールですが、いつもは決まって並列二気筒の700ccで、その後芋焼酎の湯割りに移行します。しかしジンギスカンにはやはり冷たい炭酸系の酒です。ボアアップ、もといストロークアップして一シリンダあたり500cc、さらに酎ハイも追加して堂々直列三気筒の1.5リットルとしました。やはりたまにはこういうのも必要です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
V型3気筒でどうでしょうか。
1500cc!大排気量でとてもいいです。
2019/08/05(月) 19:13 | URL | 荒れアイス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する