即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC03773_20190808065509b28.jpg
前回この店を訪ねた時、早い時間だというのに複数の外国人の予約客で混み合い店が混乱しているのを見て、様変わりを嘆きました。盆休みの時期を避けることに執着した直接の理由でもあります。果たして今日は先客は品の良い老紳士が一人のみと、理想的な展開です。満を持してやって来た釧路の居酒屋巡りは最高の滑り出しと喜んでいたのですが、世の中全ては上手くいかないものですね。これまでに何度も訪ね高い評価をしてきたこの店ですが、どうやらそれを改めなければならないようです。

勢い任せでお喋りに過ぎる女将は、前からこんな風だったか。厨房に立つのが以前の四人から二人に減った影響か、それとも客席が空いているから余計に気になったのか。しかしこれは大した問題ではありません。ほんのり温めて出す牡蠣豆腐を筆頭にした三種のお通しは変わらぬまま。これで安心したのも束の間でした。刺身はツブ貝は最高の美味ですが、帆立はいま一つ、エゾジカ肉の串焼きは絶品です。それはいいのですが、問題は酒と会計です。
酒を半合くらいの小さなグラスで出され、何度もおかわりをしなくてはならないのは興醒めです。記憶が曖昧ですが、以前はこうではなかった筈なのですが。そして八千円に迫ろうかという会計にびっくりしました。以前は確かに十分に納得出来る額でした。少なくともこの額だったら再訪しようとは思いません。恐らく同じ量を飲み食いしても四千円台だった筈。落ち着かない雰囲気の店内、予約で虫食いになったカウンター、一回り以上も高くなってしまった値付け。周辺に無数にある居酒屋の中から、わざわざここを訪ねる必然性は失われたと言わざるを得ません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する