即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC03766_20190808161735126.jpg
DSC03776_201908081617442f7.jpg
おはようございます。釧路の切迫した宿事情に翻弄されたが故の成り行きとはいえ、北海道でビジネスホテルでもなくライダーハウスでもなくゲストハウスに泊まることになるとは思いませんでした。個人的には実に中途半端に感じます。しかし手頃な価格で泊まるところがおさえられただけでも今回は有り難かったです。二泊世話になったのが表題の宿でした。

DSC03767_20190808161737c9b.jpg
DSC03768_20190808161738edf.jpg
二段ベッドのドミトリーと半個室があり、今回泊まったのは一泊四千円の半個室の方でした。予想していた通りスマイルホテル小樽別館と同じもの、即ち簡易的な壁とカーテンで完全に仕切られたベッドです。それぞれ自由に点けたり消したり出来る照明、枕元の位置にささやかな棚、コンセントが二口、壁にはフックとハンガーが一つ。フックとハンガーをもっと増やして欲しいですが、これは些細な不満であり、ほぼ文句なしの快適さです。

DSC03769_201908081617408ef.jpg
DSC03770_20190808161741b1d.jpg
共用のシャワーや洗面台、トイレなど諸設備はごく清潔。まあ相部屋でこの料金ならば当たり前といえば当たり前ですが…

DSC03784_2019080816174826c.jpg
DSC03771_20190808161742b3b.jpg
談話室は十分な広さがあるだけでなく、洒落ていて感じがよいです。共用の台所も広々としていて、冷蔵庫も完備されています。場所はフィッシャーマンズワーフのすぐ近くで、飲み屋街の中心までも歩いて五分、立地も文句なしです。料金に納得出来る人にならば大いにおすすめ出来る宿です。

DSC03779_2019080816174744d.jpg
まったくの余談ですが、隣りの古い自転車屋が秀逸です(笑)

DSC03778_20190808161746418.jpg
そして何といっても特筆すべきは、バイクをシャッター付きのガレージに入れられることです。これは秀逸。駐輪代もかかりません。敷地内ではなく数十メートル離れているので、雨の強い日には荷運びで少し濡れるかも知れませんが、それでもこの有り難さは絶大です。
それだけではありません。このガレージとご主人のご厚意に、今回大いに助けられることとなったのです…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する