即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

鹿追からさらに東へ進み、士幌からは北へ走ってきました。こんなにも真っ直ぐでそして交通量が無くていいものかと思える国道273号を進み、糠平の温泉街を過ぎるといよいよ山が深くなってきます。
近年士幌線の廃線跡が見世物の観光地と化し、俗化が止まりません。素通りを繰り返してきましたが、今回は耳寄りな情報を得ていました。糠平湖が渇水状態にあり、タウシュベツ川橋梁が季節外れによく見えるというのです。展望台は国道からすぐ近くだし、ならば一目見るのも一興と思いました。

DSC03850_201908131543221c7.jpg
DSC03848_20190813154321caf.jpg
果たしてとてもダム湖とは思えない緑色の平原の向こうに、橋の全容が見渡せます。長年にわたり削られて丸みを帯びたその姿は、遺跡に独特の美しさがあります。また、展望台に至る途中で新線の方の廃線跡を横切ります。こちらも味わいがあります。新線とはいっても廃止から既に三十年以上が経っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する