即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04250_201908290638061c6.jpg
DSC04251_2019082906380712b.jpg
HOの過去の号に掲載されていたのを見て訪ねました。結論から言うと、旭川で是非また先発にしたいと思える名店と出会えました。繁華街の中心部、古い飲み屋小路にあります。向かいは何度も訪ねたことのある蜂屋五条創業店の裏口でした。そこに縄暖簾の渋い店構え。ここは店内の雰囲気が実に良いです。かなり古い民家のようで、使われていない二階が半分吹き抜けのようになっています。そこを天井で全部塞ぐことを敢えてせず、少し開けてあるのです。その天井の高い感じが居心地を好くしています。その二階で大きな換気扇が回っているところが絶妙です。ラジオを流すのは個人的には好きではありませんが、音量が控えめなのが良く、ラジオの音と換気扇の音がむしろ店内を静かに感じさせます。
客層も良いです。唯一の先客はいかにも好事家といった独酌の先輩。後から勤め人姿をした、礼儀正しく品の良い若者の二人組。さらに独酌の若者が一人、こちらも物静かです。品書きは木に筆書き、加えて黒板に本日のおすすめが書かれ、こちらも味わいがあります。品数が徒に多くないところも好感が持てます。

まずは刺盛りを所望したのですが、これが絶品。一切の誤魔化しが効かない雲丹も素晴らしいネタで、締め鯖に至っては美味さに感心しました。焼き物は厚揚げと糠こまいを。一つ一つ丁寧に焼いてくれるのでとにかく美味いです。席数は多くなく、それを二人で切り盛りする、こうした小さな店で飲む特権です。そして鮭の切り込みの振る舞いがあったのですが、塩気も発酵の度合いも浅めのこれがまた絶品です。
弱点もあります。生ビールがスーパードライなのは全くいただけません。北海道だと尚のこと残念です。酒の揃えもやや弱く、北海道の地酒でこれだというものがありません。しかし総合点の高さは褒め称えるに十分でしょう。繰り返しますが、次に旭川で居酒屋を訪ねる機会があったなら是非またここを先発にしたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する