即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04439_20190908163839d42.jpg
今日も暑くなってきました。予定の通りカブで活動します。その前にまずは昼食をいただいていきます。たつみ食堂の出番は一体いつ来るのか。自分でもそう思うのですが、目指す方向のほぼ経路上にある気になる店の情報を得たとなれば、またとない機会です。それが表題の店です。

DSC04442.jpg
DSC04440_20190908163842261.jpg
意外な程に明るく小ぎれいな店でした。お姉さんの接客も快活です。驚くべきは品書きの表紙に書かれた「ご飯おかわり100杯まで無料」の文字です。一見するとごく普通の食堂に見えますが、こんな事を書くのは尋常でないです。初めてなので当店の看板である唐揚げ定食を。スタミナ塩、和風醤油、スパイシーカレーと三種の味がある中から無難に醤油味にしました。この漢字でまんぷく食堂という屋号が好ましいですが、すぐにそんなことを言っている場合ではないことを思い知ります。

DSC04441_20190908163843068.jpg
運ばれてきた唐揚げ定食を見て私は目が点になりました。余りにも量が多過ぎるのです。一つずつが一般的な唐揚げの三倍から四倍程もあるやつが六個も、文字通り山のように積み上げられているのです。780円というのは私の見間違いで、実は1,780円ではないのかと思った程ですが、そんなことはなく780円です。

まず思ったのは、全部食べきれるだろうかということ。私は食べ物を残すのは大嫌い、というか許されない罪悪だと思っていますが、持ち帰り容器の存在に勇気と安心感が得られます。すると、私よりやや遅れて同じ醤油味の唐揚げ定食を注文した男が、私より先にご飯のおかわりに立ちました。驚いていると、次に入ってきた男はおかず大盛りを注文しました。このおかずをさらに大盛りにして一体何をしようというのか。やはりここは手練れの集う店のようです。
揚げたての熱々というのも猫舌の私にとって大変でしたが、唐揚げが少し冷めてきた後半戦は快調に唐揚げを減らしていき、結局は三膳のご飯と共に完食となりました。これも味が良いからでしょう。私はもう行きたいと思いませんが、健啖家を自任する向きは一度は訪ねるべきとおすすめします。店を出る頃には正午を待たずに地元客で八割が埋まる盛況でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する