即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04511_201909110746459b6.jpg
今日は遊魚舟を再訪、予約して行きました。前回訪ねて分かったのは、予約なしの飛び込みで入れたのは偶然の幸運だったということ。独酌であってもです。そしてこの店は一人で予約してくる地元客が当たり前のようにいるので、気後れすることもありません。

DSC04512.jpg
やはり素晴らしい店です。これぞ大盤振る舞い、千五百円と言われても十分に納得する分量たっぷりの刺盛りが、お通しと称して僅か五百円で出されます。普段居酒屋の店内で写真を撮ることは好まないのですが、これは撮らずにはいられませんでした。ただ安くて多いだけではありません。鮮度抜群で文句なしの美味なのです。
そして生ビールはクラシック、中ジョッキが四百円とこちらも実に良心的です。お通しの他にも一品くらい注文しなくてはと思い品書きに目を通すと、ししゃも焼きは「鵡川産、オス、大」と書かれているので即決しました。オスだけを出す店というのがありそうでなかなかないもので、誠実です。九百円とあったので二尾だと思っていたのですが、何と四尾も乗ってきました。こちらも味も文句なし。お通しにししゃも焼き、生ビール二杯に300mmlの冷酒を一つ、ハイボール一杯で3,500円という会計は信じられない程の格安です。

かように素晴らしい店なのですが、残念ながら今回は隣客に恵まれませんでした。店の入口に扇風機があって奥に向かって風を送っていたのですが、私より入口側にいた二人組の煙草の煙が顔を直撃します。カウンターの椅子が回転するもので、且つ反対隣りの席が空いていたのでせめて救いで、背を向けて口を塞ぎ、吸い終わるのを待つしかありませんでした。喫煙を許す店の側にも問題があるとはいえ、人の風上で煙草を吸うとは。
しかもこの連中、私よりも先に来ていて、私が席に着いた時には既に刺盛りの皿を前にしていたのですが、私が退店するまでの一時間ちょっとの間に一切れも食べることをしませんでした。中年男の二人組が延々とお喋りをし、煙草をふかすだけなのです。折角の刺身も乾いてしまっていたでしょう。これだけのものを出している主人に対して、いくらなんでも失礼ではないか。
隣客がこのようなクズだったのは残念でなりませんでしたが、この店はやはり秀逸です。函館のことを知り尽くしているライムライトの主人シナチクさんをして「最強の居酒屋」「これ以上の店は存在しない」と言わしめるのも当然でしょう。次に函館に来た時も予約をしてこの店に真っ直ぐ向かうことがほぼ確実です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する