即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC04721_20190923163151e18.jpg
高崎は周辺に詳しい土地だと言いましたが、詳しいのは祖父が車で好んで連れて行ってくれた所、歩いて行けた所に限られます。灯台下暗しと言いますが、高崎名物ながらこれまで一度も訪ねたことのない店がありました。それがこのシャンゴです。

初めてならば本店をまず訪ねたいところですが、残念ながら定休日です。月曜日は営業している店舗が少なく、本店のすぐ近くにある問屋町支店を訪ねました。祝日でありながら他の店が軒並み定休では致し方ないでしょう、正午前だというのに何組もが席を空くのを待っています。しかし店内を覗くとかなり広いので、自分も倣って名前を書き込みました。十五分程待って入店です。イタリア料理全般を扱う地場のファミリーレストランと言えばいいでしょう。店内はゆったりした造りで、値段も庶民的です。

DSC04722.jpg
注文したのは屋号を冠したシャンゴ風スパゲティ、初訪問ならばこれしかありません。予て噂に聞いていたのは、とても量が多いということ。150gと書いて油断させておいて、実はこれが茹でる前の乾麺の状態での量であること、SとMが70円しか違わないのでついMを注文したくなること。二重の恐ろしい罠が張られているのです(笑)

むろん790円のSを注文しました。薄い衣を付けたカツが乗るミートソーススパゲティというのがその正体でした。ソースは黒に近い焦げ茶色という個性的なものです。芳醇な香り、渋みの利いた落ち着いた味わいが素晴らしく、甘いだけのミートソースとは一線を画するものです。カツが乗る必然性は余り感じられなかったものの、これならば他の品も大いに期待出来ます。そして地元客で大盛況なのも納得です。機会あれば再訪して他の料理も食べてみたいです。
ちなみに量は、騒ぐ程のものではありませんでした。確かに昼にはSで十分とはいえ、こう美味いのなら次はMを注文したくなります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する