即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

大手私鉄のローカル線は鉄道趣味人の琴線に触れる。先日こんなことを述べましたが、かつて屈指の存在だったのが今はなき名鉄谷汲線です。その終着駅であった谷汲駅を訪ねます。

DSC04815_201909281559105be.jpg
DSC04816_201909281559115dc.jpg
DSC04817_201909281559131b2.jpg
DSC04826_2019092815592500a.jpg
DSC04818.jpg
DSC04820_20190928155916fe8.jpg
DSC04823.jpg
DSC04821_20190928155917fb0.jpg
DSC04822_20190928155919058.jpg
DSC04824_20190928155922c7a.jpg
DSC04825_20190928155923ae8.jpg
うだつを模したと思われる特徴的な飾り屋根の駅舎をはじめ、内外ともにほぼ往時のままの姿で残されています。揖斐線と併記された運賃表もそのままです。緩い曲線を描き、トラス組みの柱が支えるホームの屋根は近年の駅には見られないたいへん素晴らしいもの。そして圧巻は愛嬌ある姿の二両の旧型電車が保存されていることです。何から何まで秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する