即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

大橋通電停に戻り、伊野行に乗車しました。暫くの間は国道の真ん中の専用軌道を走り、さほど面白い車窓ではありません。しかし鏡川橋から目くるめく展開が待っています。

約半数の電車が折り返すこの電停は、手前に降車専用ホームが加えられています。鏡川橋止まりの電車ならばここで降り、伊野行の電車に乗ってきてここで降りる人は奥の乗降用ホームで降りるという、珍しい構造です。運転本数が半減するここから先は単線になります。鏡川橋を出ると急坂を登って急カーブを切り、直後に川を渡ります。渡った先から朝倉電停までの区間がとさでんの白眉です。

DSC05144_2019101416074474d.jpg
片側一車線で歩道が分かれていない狭い道路、その半分を軌道が占める併用区間です。電車と同じ方向に進む側の車が上手く譲らないと円滑にすれ違えないので、阿吽の呼吸が求められます。この光景が見られるのは全国でここだけでしょう。そして路面電車は左側からしか乗り降り出来ないので、伊野行の電車に乗る人は車が行き交う道路の真ん中にある安全地帯で待たねばなりません。これまたここでしか見られない光景です。

DSC05145_201910141607451bd.jpg
DSC05147_2019101416074758f.jpg
DSC05148_20191014160748222.jpg
DSC05149_201910141607505ac.jpg
DSC05150_20191014160751417.jpg
DSC05151_20191014160753861.jpg
圧巻は通票の交換です。この区間は通票閉塞なので、上下の電車が通票を交換しなければなりません。交換手が線路の真ん中に立って待ち構え、双方向からやって来る電車の運転士からタブレットキャリアを受け取り、交換して渡します。何という素晴らしい光景でしょうか。これを見るためだけでも高知まで旅行する価値があります。
かぶりつきの席をおさえられた為、前回は出来なかった車内からこれを撮影することに成功しました。感無量です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する