即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

前ブログにも一度同じ事を書いたのですが、昨日改めてこれを強く実感する風景に出会ったのです。

DSC09830.jpg
能登半島西北部は志賀町、県道49号沿いの景色です。ごく狭い道に沿って板張り黒瓦の家屋が並びます。鄙びた小さな漁村のこの風景に、私は心奪われました。
日本全国を旅していると、農村の風景、山里の風景というのは比較的何処でも簡単に見ることが出来ます。それに対して漁村の風景にはなかなか出会えない。農村風景に出会うのが簡単なのは、農業というのは本質的に広い土地を有して営むものだからです。では漁業はどうでしょうか。

大規模な良港は必ず大きな都市に発展するから、漁労を営む人達の暮らしというのは姿を消します。となると、あとは小さな港ということになります。しかし海岸線の入り組んだ所というのはバイパス道路がもっとも通されやすい所でもあります。その結果、このような小さな漁村というのはわざわざ訪ねていかないと出会えないことが殆どです。農村のように、目的地へ向かって移動していたらその風景が目の前に現れた、という事がまず無いのです。
かような希少性が加わるものだから、古い漁村の風景というのはより魅力的に映ります。入り組んだ海岸線に沿って走る旧道や岬の突端、鄙びた漁村の風景を訪ねて、このような所へなるべく多く足を運ぶ旅にしたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
とある方の(トミーさん)ブログから飛んできて拝見してました、漁村すごくこころひかれます、富山の滑川でしたか?もすごく鄙びた場所で、漁村と、昭和、大正?な
渋いとこでした、漁村の公園で景色も見えないとこで、車中泊したのをおもいだしました、旅に出れないので、その分楽しみにブログみていきますので、体大事に、お気をつけて。
2017/05/23(火) 00:22 | URL | J #OXLQM7N6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する