即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継

 | ホーム | 

DSC05376_201910230718419e6.jpg
夕餉にありつけるのは早くても九時過ぎだと言いましたが、見立てが大いに甘かったです。コンサートを終えて佐賀駅まで戻るも列車の時刻が噛み合わず、三十分も待つ羽目になりました。そして鳥栖で乗り継いだ博多方面の列車も普通でした。朝の往路は駅に入るとすぐに快速がやって来るという最高の流れだったのですが、これと対照的です。往路に比べて大幅に時間がかかり、博多駅に着いたのが十時過ぎ。宿に戻ってシャワーを浴び、飲み始めるのが十時半過ぎにもなってしまうという顛末です。
「やす」はとうに閉店した後、「ほていや」も既にラストオーダーが終わって閉店間際です。中州や大名と違って博多の夜は早いです。そしてこの時間から始める以上は一軒限定です。深夜までやっている笑伝を覗き込むとカウンターが十分に空いていて、即決で暖簾をくぐりました。

これまでは二軒目でしか入ったことがなかったのですが、初めて先発で入ってこの店の奥深い実力を思い知ることになりました。まずは毎度お馴染みクリーム状にして食べる当店独特の豆腐ですが、久々に食べてみると芸術品の如き美味です。塩、タレ、どちらも絶品です。そして初めて魚介を注文してみました。鰆のたたきです。こちらもネタ、仕事ともに最上です。本当に美味い。
そして真打ちの焼き鳥ですが、記憶を大いに上回る味でした。こうも美味かったかと驚きました。中でも豚バラは他の店とは一線を画するものです。きめ細かい肉質、汁気があって柔らかい至高の食感、焼き加減も味付けも完璧です。所謂福岡の焼き鳥屋の豚バラとは別物の高級品と言っていいでしょう。これだけの美味でありながら串は百円台から最も高いものでも二百円。六本セットで千円という超が付く良心的価格です。生ビールにハイボール二杯、日本酒二合を飲んで五千円台の半ばとは恐れ入りました。
人に教えたくない店とはこのことです。若い店員が軽い調子で接してくるあしらいに初めは戸惑いましたが、ここまでの仕事に対してただ敬意を表するのみです。機会あれば今後も頻繁に足を運びたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する