即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

一般の路線バスに乗る楽しみがなかったのは残念ですが、城山へは狭くつづら折りの坂道をバスで登ったり、さらにその坂道の途中でバス同士が擦れ違うなど見所満載でした。

DSC04698.jpg
そして展望台からの眺めはまさに絶景、桜島の姿をここまできれいに見渡せる場所はありません。実は今日は昼頃までは桜島に雲がかかって麓の部分しか見えなかったのですが、今は北岳の山頂の一部を除いてほぼ全容が見えているのも幸運です。鹿児島の市街も一望し、新港に停泊している沖縄行きのフェリーもよく見えます。わざわざやって来た甲斐はありました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
一日乗車券は電車だけでなく市営バスにも乗れます。となればバスにも乗らなければ勿体ないというものです。ではバスに乗って何処へ行くかですが、この晴天ならば行きたい場所が一つあります。桜島の絶景が望める城山です。

DSC04694.jpg
城山へは一般のバス路線は無く、お仕着せの名所巡りバスに乗って行かなければならないのが玉に瑕です。が、良い事もありました。どの区間で乗っても混雑していた電車に対してこちらは乗客は私一人です。もちろん最前席に座って前方の景色と運転手のシフト捌き、ハンドル捌きを堪能しつつ進みます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
郡元電停まで行って一旦下車し、反対側のホームに移って西駅経由の系統に乗り継ぎました。駅前を通り過ぎて宿の最寄りの高見橋電停まで乗ります。これにて完乗かと思いきや、そうは問屋が卸しません。郡元南側電停から西駅方面への系統に移る渡り線は、22時以降の遅い時間帯しか電車が運行されないのですorz

そしてこの最後の区間もかなりの乗車率でした。一つ感じたのは、路面電車というものは過剰なくらいの高密度運行をしてこそ価値があると思うのですが、鹿児島市電では需要に対して運行密度が低いのではないかという事です。おまけにやたらとカーテンが閉じられていて、景色を楽しむことが殆ど出来ませんでした。
もっとも、カーテンが閉じられていたのは日差しの強さが原因です。実際のところ日向では半袖一枚でないと暑いくらいで、電車の車内は暖房も冷房も入っていなかったのですが窓が開けられていて、風が体に当たるとほっとする程でした。ここのところ鹿児島も冷え込んでいたのですが、南国らしい日差しを久し振りに感じられたのはせめてよかったです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04688.jpg
DSC04689.jpg
DSC04690.jpg
谷山から折り返しの電車に乗り、南鹿児島駅前で下車しました。特に駅舎が良いというわけではないのですが、指宿枕崎線の駅と市電の電停が事実上一体化したような雰囲気が独特です。指宿枕崎線の駅を利用するには、手前側の市電の踏み切りを渡っていかなければなりません。二つの線路に挟まれて場所の制約がある中に、辛うじて駅舎らしき建物が形見狭そうに建っていますが、駅員が配置されています。鹿児島の市街地だけにそれなりの利用者があるのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04687.jpg
鹿児島駅前にあった鹿児島小川郵便局に続いて、谷山電停の近くの鹿児島清見郵便局を訪ねて貯金をしていきます。この二つの局がこれまで未訪問だったことが我ながら不思議です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
その後天文館通電停で一度電車を降り、ここに書くまでもないようなつまらない店で朝昼兼を手早く済ませ、再び電車に乗って南側の終点である谷山電停まで乗り通してきました。驚いたのは乗客の多さで、最後まで立ち客が出ていました。平日の真っ昼間にこうだとは思いませんでした。

DSC04684.jpg
DSC04686.jpg
DSC04685.jpg
谷山電停は大屋根が架かる様が終点らしい風情で、最南端の電停であることを示す看板が立っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
何ともつまらない失敗をしたのは、朝から何も食べていないからでした。朝寝坊に加えて起きたらすぐに洗濯をしたかったこと、さらにいつものように予め朝食を用意していなかったという悪条件が重なりました。それでも本来はきちんと朝食を食べてから出発すべきなのです。しかし、鹿児島駅の前に古い食堂かうどん屋でもあればという思いがあり、とりあえず電車に乗ったのでした。そして結局そのような店は見当たりませんでしたorz
こんな状態では頭が働かないのも無理はありません。しっかりと朝食を摂ってから始動するのがいかに大切か、分かりきっていた事を改めて痛感した出来事でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04682.jpg
ありえない失策をしてしまいました。鹿児島駅のすぐ近くに未訪問の郵便局があり、立ち寄って貯金するつもりでいたのですが、電停と駅を一通り見物した後すっかり失念してそのまま折り返しの電車に乗ってしまったのです。すぐに気付いたのは幸いでした。二つ先の水族館口電停で下車して再び反対方向の鹿児島駅前行きに飛び乗りました。反対方向の電車がすぐにやって来たのも不幸中の幸いです。
こんな愚かな失策をしたのには理由があります。それは次の記事にて…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04679.jpg
DSC04680.jpg
DSC04681.jpg
DSC04678.jpg
変化の激しい西駅に対して、十年一日の如き鉄道駅の風情が秀逸です。発着する列車は一時間に二、三本で、駅は静まり返っています。大屋根を構える市電の停留所も実に味わいがあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04692.jpg
DSC04691.jpg
DSC04675.jpg
DSC04677.jpg
一日雨が降り続いた昨日とは打って変わって、今日は雲一つない快晴です。朝寝坊や洗濯で出遅れてしまいましたが、遅ればせながら本日の活動を始めます。市電の一日乗車券を購入して、まずは鹿児島駅前電停へ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。