即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

おはようございます。いよいよこの時がやって来ました。今日はこの旅における最大の見せ場、節目と言っても過言ではありません。名瀬新港から那覇行きのフェリーに乗船して、沖縄へ渡ります。

IMG_3971171213a.png

しかし事は簡単には運びません。フェリーが実に四時間以上も遅れているのです。マルエーフェリーのHPによれば「旅客対応の影響」などと書かれていますが、こんなにも遅れるとは一体何があったのでしょうか。船内で物騒な事件でも起きたのでなければよいのですが。
これによってごく早起きをしなくて済み、いつも起床している時間くらいまで寝られました。しかしその分到着時刻も夜中になってしまうということです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04949.jpg
DSC04951.jpg
DSC04950.jpg
半月滞在した奄美もいよいよ最後の夜になりました。となればここしかありません。一村を訪ねます。もう居酒屋探訪記に冗長に書き連ねるまでもありませんので、簡単な報告に留めます。甕から汲まれた黒糖焼酎のグラスをゆっくりと傾けて、奄美との別れを静かに噛み締めます。

DSC04952.jpg
一つだけ書き忘れていた事がありました。ここは氷に良いものを使っているのです。まともな店でも機械で作られた味気ない四角い氷を使うところが多い中、一村では大きな塊の氷をその都度かち割って使うのです。これによって甕から汲まれる黒糖焼酎の旨味、風情が倍増することは言うまでもありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04943.jpg
これは昨夜の天気予報の画面ですが、驚くべきことに屋久島と種子島は辛うじて日本全図の南端に入っているものの、自分が居るところ、即ち奄美群島の姿はありませんでした。
ラニーニャ現象が発生してこの冬は平年よりも寒さが厳しくなるという内容でしたが、どんなに寒気が発生したとしても奄美や沖縄には関係がないということなのでしょう。これを見た時思わず気温を確認したのですが、夜の七時くらいだったと思いますが17度ありました。狭いようでいて広い日本の国土を実感する一幕です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04944.jpg
名瀬に戻って来たところで本日の朝食はまたしても島人マートの弁当です。奄美大島上陸初日に、本当にこの選択でいいのだろうかなどと思いながら食べた思い出の麻婆茄子弁当が二回目の登場となりました。こんな風に書いていると嬉々としてこれを食べているようですが全くそんなことはなく、他にこれといった選択肢がなく消去法でこうなっているに過ぎないのですが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04931.jpg
おはようございます。再び名瀬に戻って来て迎えた朝です。六時半を回りましたが、こちらはまだ夜の闇の中です。今日はのんびり過ごしつつ、明日はごく早朝から始動しないといけないので今日のうちに出来る準備は全てやっておくという、半休養日にしたいと思っています。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
その後屋鈍で三十分近く待ってみましたが、結局晴れてはくれませんでしたorz
一時程ではないものの強い風も残り、荷物満載のカブで走るのは難儀でした。心身共に疲れ切って名瀬まで戻って来たところです。加計呂麻島で概ね天気が良かったのは幸運だった一方、奄美での最終局面が後味の悪いものになってしまったのは残念でなりません。

ところでこれとも関連するのですが、こちらへ来て初めて知った驚くべき事実があります。奄美大島は日本で一番日照時間が短い所なのだそうです。そうと聞いて深く納得しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
午後の半日を使って小活動の余地があると言いましたが、行きたいところは既に決まっていました。天気が良くないならば内陸の山を縦断する道を走り、未訪問である奄美大島の滝を見に行こうと思っていました。しかし晴れたとなればここしかありません。今回訪ねた中で最も海が美しかった屋鈍を再訪しました。

ところが、あってはならない展開が待っていました。朝からずっと晴れていたというのに、屋鈍に着く直前にどんよりと曇ってしまったのですorz
余りの運の悪さに呆然としていると、今度は狂ったような強風が吹き付けてきました。先程まで風などなかったというのにです。一体何なのでしょうか、これは。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
瀬相航路よりも5分短い20分間の航海で古仁屋港に到着、奄美大島に戻って来ました。そしてちょうど昼時です。朝が軽かったこともあり既にかなりの空腹で、再び古仁屋の町の食堂へ…と言いたいところですがそうはいきません。何故なら天気が良いからです。

DSC04942.jpg
真っ直ぐ名瀬に戻っても一時間で着いてしまい、それでは午後の時間を持て余してしまいます。小活動の余地があるわけですが、繰り返し報告してきました通り奄美の空はいつ曇るか分かりません。今晴れているならば悠長に昼など食べている場合ではないのです。そこで昨日の買い出しでも世話になった船着き場の目の前にあるAコープです。ここでパンを買って慌ただしく頬張り、すぐさま出発します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04938.jpg
奄美大島と加計呂麻島を結ぶフェリー、奄美大島の発着港は古仁屋だけですが、加計呂麻島は瀬相と生間の二つの港が古仁屋と結ばれています。昨日は瀬相港に着く船で来たので、今日はもう一つの生間航路に乗らない手はありません。往復切符は二日間有効でどちらの航路も利用可という、今回の私のために用意されたような内容です。これによって何と30円も安くなるのですから非常にありがたいです。

DSC04939.jpg
DSC04941.jpg
早々に船が待機していた古仁屋に対し、こちらは船が着くのは折り返しの10分前です。離島らしい風情が秀逸です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC04936.jpg
DSC04937.jpg
DSC04935.jpg
加計呂麻島にある四つの郵便局を訪ね、そのトリを飾るのは一番東にある諸鈍郵便局です。諸鈍へは昨日も来たわけですが、一度見聞きしたら忘れられない地名というのはこれを言うのでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。