即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

DSC00896_20190221160107cca.jpg
DSC00897_20190221160108b66.jpg
この店ではいつも極力そうしているように、今回も暖簾が出るのを待ち構えて入りました。このように暖簾が掲げられるところを写真にも収めたわけですが、では一番乗りで入ったかといえばとんでもない、望むべくもありません。私の他にも開店を待ち構えている人が十人以上もいたからです。その内訳がまた実に良い。物静かな老夫婦、中年男の二人組、あとは全て独酌です。二人組は二階へ上がる階段が目の前にある一番奥に陣取っています。ここは人の行き来で落ち着かず、薄暗く、品書きも見辛い末席ですが、二人とも煙草を吸うので気を遣って自らここに座ったのでしょう。

毎回必ず注文する串カツは今回も絶対として、あとをどう組み立てるかです。本日のおすすめに菜の花の酢味噌和えがあったので即決しました。一日列車に乗ってここへやって来たわけですが、沿線は随所に菜の花が咲いていてきれいなものでした。その後に居酒屋で菜の花をいただく、こんなに贅沢なことはありません。そして串カツも変わらぬ素晴らしさです。味も食べ応えも文句なし、そして串カツというと実際には半分が玉葱という店も少なくないですが、ここ武蔵の串カツは薄い玉葱がひっそりと忍ばせてあるだけで、ほぼ全部が肉です。それで一皿250円とはまさに格安。ちなみに菜の花も小鉢で供されて300円でした。
ではこの串カツに注文が殺到するかというと、そうではありません。よく出る品ではありますが、カウンターについた独酌の男達から発せられる注文は様々です。めいめいお気に入りがあるのでしょう。これはこの店の肴が完成されており、余計な品は置いていないことの証しでもあります。これぞ居酒屋の洗練です。今回は二軒目以降も欲張るつもりで、本来ならあと一杯、もう一皿というところで切り上げました。生ビールに酒一合、菜の花酢味噌和え、串カツ、合鴨つくね串で1,700円という良心的な会計です。これならば月曜日の四時半の開店一番でカウンターの六割が埋まるのも宜なるかな。創業66年を誇るまさに小倉の生き証人。私が死んだ後も続いて、百年でも二百年でも歴史を刻んでいって欲しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00837_201902131805560eb.jpg
酔い覚ましと腹ごなしを兼ねて、博多駅の近くまで延々と歩いて来ました。そして二軒目へ移行します。主旨を変えて、今度は先日購入した「ちょい飲み手帖」に掲載されている店を訪ねました。これで二回目の利用になります。小ぎれいなビルの地下にあって、ここも本の導きがなければふらりと飛び込もうとは思えなかったでしょう。

十一月の下旬に開いたばかりの新しい店とのことでした。こんな私にも福岡に後輩がいるのか、と不思議な感慨が湧きます。落ち着きある造りながら現代的な小ぎれいな店内は、大名とも博多ともまた違っていかにも博多駅近くらしいです。手帖の対象になっているのは飲み物一杯と串焼きの六本セット千五百円円超が千円というものでした。ただしそれだけではありません。若い店主は店の知名度を上げ、軌道に乗せるためにあれこれ試しているようで、今はハイボールを一杯190円で出しているというではありませんか。
セットの他にハイボール三杯、もろきゅう、串を四本追加して2,800円という非常にありがたい会計です。焼き鳥は際立った特徴こそないものの十分に美味、お通しを出さないのも好印象です。店主がお喋りに過ぎて落ち着いて飲めないのが玉に瑕ではありますが、これならばまた通いたいと思わせます。しかしこちらも普段足を運ぶ機会がない地区なのが残念です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00836_20190213180554de4.jpg
平尾駅の近くには通り過ぎるのが躊躇われるような雰囲気ある居酒屋が幾つもありました。後ろ髪を引かれつつも、今日のところは目当ての店に真っ直ぐやって来ました。「福岡名酒場案内」に載っている店ですが、それによると水炊きを一人前から出してくれるとあったからです。
福岡の食の名物の一つである水炊きですが、もつ鍋と全く同じ理由に因りここまで食べられずにきました。即ち、一人前から出してくれる店はごく少なく、殆どは二人前からとなっているのです。もつ鍋と同様に水炊きも一人前から出してくれる店に注目していましたが、漸く訪ねる機会が巡って来ました。

結論から言うと、静かなる名店でした。人柄の良い老夫婦が営まれていて、それに対して広過ぎず狭過ぎずまさに適切。これだけでも期待が持てます。まず印象的だったのはお通しに出てきたポテトサラダの美味さです。ポテトサラダこそは十人十色ならぬ十店十色、そして試金石でもあります。ポテトサラダの美味い店に間違いはないということです。味の良さもさることながら、感心すべきは下に敷かれた葉物が美味だったことです。この手の葉物は文字通りの飾りでしかなく、苦くて食べられたものではないものを使う店も少なくありません。しかしここは違いました。
ますます期待が高まりますが、水炊きも絶品でした。まずスープからいただくのが作法らしいのですが、鶏肉の脂と風味、野菜の甘味が渾然一体となって素晴らしい味わいです。野菜も鶏肉も文句なしですが、中でもつくねの上品で爽やかな味わいには唸りました。これで一人前900円とは秀逸です。他にも手製の居酒屋料理の数々が健全な価格で用意されています。もし近所にあったならそれこそ日参したくなるような店の典型です。この辺りを訪ねる機会がもうなさそうなのが実に惜しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00792_20190207180818f8a.jpg
二軒目へ移行します。前回は提供が余りに遅過ぎて疑問を持ったこの店ですが、素晴らしい美味と良心的な価格である以上、一回で見放すつもりはありませんでした。今回も同様なら考えものですが、とにかく少なくともあと一回は様子を見るべきと思い暖簾をくぐりました。果たして今日は長く待たされることもなく、頃合いの間で焼き立ての焼き鳥が次々と運ばれてきます。こうなれば何も文句はありません。
唯一、若い店員が友達感覚で接してくるあしらいは好きになれないものの、それを些細な事に思わせてくれます。こうも美味な焼き鳥をこの価格で食べさせてくれる。実力だけをとって言うなら、福岡のみならず全国でもここを超える店があるだろうかと思います。まさに出色の存在と言えるでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00791_20190207160506b5b.jpg
引き続きこの店には定期的に通います。こうして長く通えばこその発見というのもあるものです。大皿に盛られた総菜がずらりと並び、おでん舟も構え、黒板には今日も胡麻鯖の文字が。内外や周辺の雰囲気まで含め、博多の町の風情をしみじみと感じさせてくれるこの店にはいかにもこれらの肴が似合いますが、それだけではありません。肉料理に力が入っていることに最近気付いてきました。
豚肉の燻製など味も香りも絶品です。常連特権に加えて閉店間際に訪ねることが多いこともあり、いつも一皿振る舞いがありますが、今日は牛肉の薄切りの山かけでした。とろろの中に大蒜の風味が忍ばせてあって、焼いた牛肉の香ばしさとの取り合わせが秀逸です。さりげないながらもひと手間もふた手間もかけてある、これぞ料理です。そしてそれらを良心的な価格で小鉢で少量出してくれる、これぞ居酒屋です。普段は静かなこの店も、山笠の時季が近付くと活気づいてくるのでしょうか。その頃まで福岡に居られないことが惜しまれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00776_201902051745271b7.jpg
そのようなわけで教祖おすすめの「大八車」に真っ直ぐ向かったのですが、まさかの臨時休業でしたorz

佐世保で郵便局に行けなかったことといい、これではわざわざ休みを貰って平日活動に出た意味が殆どありません。せめて救いなのは時間に余裕があることです。唐津から福岡に戻る終列車の時刻は22時、流石に遅いです。繁華街を一通り歩き回って自分で居酒屋を物色することが出来ました。その中で最も気になったのがこの店だったのですが、迷わず暖簾をくぐったかというとそうではありません。初めは少々躊躇われました。店構えはいかにも上等、表に張られた品書きは半紙に筆書きで、値段は書かれていません。一体会計が幾らになるのか怖かったのです。
しかしこれまでに培った勘が働き、極端に高いことはないだろうと直感しました。明るいアーケード商店街の中心部にあり、いかにも誰でも入れそうな気配であることもそう感じた理由の一つです。また、唐津で飲む機会はこれが最初で最後かも知れないこと、ならばここで出費を渋るのは却って勿体ないこと、そして最終的に「玄海肴処」の文字がどうしても見逃せなかったことが決め手となりました。

DSC00777_2019020517452959b.jpg
ほぼ予想通りの内容でした。隅々まで清掃が行き届いた明るい店内、板場の職人の隙のない身のこなしに早い提供、打てば響くような接客。そして会計は居酒屋価格と呼ぶには一回り高く、生ビールに酒二合、刺盛り、ざる豆腐、烏賊しゅうまいで五千円台の後半でした。これも想像していた通りです。
ただし、文句なしの美味だったかというと残念ながら粗も散見しました。刺盛りは文句なしの絶品のネタがある一方で、一目でそれと分かる冷凍ものの蛸があったりします。何故こんなことをするのか、値段そのままでこの蛸がない方がむしろ評価が上がるのに、理解に苦しみます。豆腐もそこそこ。烏賊しゅうまいも美味ではありましたが、また注文したいと思える程ではありません。
やはり当地名物の烏賊を食べたなら評価も変わってきたのでしょうか。そもそも目当ての店に入れなかった時点で今夜は負け戦だっということなのでしょう。カウンターが長くて独酌でも入り易かったことを書き添えておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00716_20190128065523997.jpg
ちょい飲み手帖の購入に踏み切ったのにはもう一つ理由がありました。それが、早い時間から飲み始めるという本日の事情です。日曜日の17時前という条件では、流石の飲み屋街でも開いている店は僅かでしょう。ここは野暮を承知で情報に頼る方が賢いというものです。早速手帖に載っている表題の店を訪ねたわけですが、いきなり結果が出ました。割引き額は百円だけですが、とても良い店だったのです。

立ち飲みですが、酒も肴も安くて美味。魅力は単純明快です。店内は明るくきれいで、広過ぎず狭過ぎない絶妙の造りで、心地が好いです。ビール、ハイボールにそれぞれ通常のジョッキの倍程度の量ながら一杯600円の「メガ」が用意されていて、良心的です。安いだけでなく酒器の管理も注ぎ方も丁寧で、美味いのです。酒や焼酎の揃えも店の広さを考えれば天晴れなもの。煮込みも鶏天も美味くて分量も気前が良く食べ応えがあります。追加で注文したささみの大葉フライは絶品でした。手帖に載っているセットは生ビール一杯、煮込み、鶏天でしたが、これにメガハイボール、酎ハイ二杯、酒一合とささみ大葉フライを追加して三千円台という会計は非常にありがたいです。
唯一の難点は立地がよろしくないことで、時間の制約がある平日の夜などは厳しいものがあります。しかし機会があるなら是非とも再訪したい店です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00695_201901241908390bd.jpg
福岡に来たばかりの頃、海鮮を主とする居酒屋が少ないことを嘆いたものですが、よく探せばあるものですね。世界でも有数の漁場と言われる玄界灘を擁しているのだから当たり前といえば当たり前ですが、少なくとも大名地区には十分な軒数があると言えます。また一つ魚介が絶品の居酒屋を発見しました。それが表題の店です。ただし品揃えは他の海鮮系居酒屋とは一線を画します。船を持ち、その日釣れた魚を出すのです。他の店で必ず見られるような鯖やヒラスの姿はなく、この日の主役はクロとヤズでした。クロはメジナ、ヤズは鰤の幼魚のことです。
鮮度も味の乗りもまさに抜群、メジナの刺身がこうも美味いとは恐れ入りました。そして品書きには刺身三点盛り1,280円とあったのですが、実際に出てきたのは五点盛り。しかもそれぞれのネタが大ぶりで四切れずつも乗るという、超が付く大盤振る舞いです。給仕のお姉さんによれば、よく釣れた日はこのように出すが、釣れなかった日はごめんなさいとのことでした。この言こそがこの店の何たるかを物語ります。

隣りとの間隔がゆったり取られたカウンター席が十分に用意されているのも独酌にはありがたいところですが、魚だけとも言えます。豆腐の仕入れはそこそこ、酒もやや高いです。生ビールはプレミアムモルツながらジョッキより小ぶりなタンブラーで520円。酒も主なところが一合950円と割高です。実は刺盛りが予想を超える分量だったのでそれだけで満足してしまい、焼きや揚げまで辿り着けませんでした。実力の全てに触れられなかったというわけです。刺盛りの大盤振る舞いを考えれば、酒が割高なところも相殺されているとも言えます。その日その日でどんな美味い魚が食べられるか分からないまま飛び込む楽しみもあります。星の数程ある大名の居酒屋の中でも存在感の光る一軒です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00639_20190116174733ce6.jpg
その存在価値を認めつつも積極的に再訪したいとは思えないとしたこの店ですが、その機会が意外にも早くやって来ました。快気を祝いたいと思う一方で、まだ無理は禁物、寒風の町を余り歩き回らずに程々で帰宅すべきという思いもあったからです。このような時にこの店の極上の立地と手軽さが活きてきます。そしてもう一つ、この手の大衆酒場は一度の訪問で評価を下すのは早計であり、その店における作法や効率の良い動きを会得すると一気に魅力が増すこともあるのです。
たとえば天下の名店、名古屋の「大甚本店」です。酒の最初の一口をいただいたところですぐさま席を立ち、自ら客席中央の卓まで行って料理を取ってくるのが基本的な流れです。ところがそんな事は誰も教えてくれません。そしてとにかく広いので席によっては料理の卓まで結構な距離があり、且つ大勢の人がごちゃごちゃに動き回っています。初めての人が尻込みしてしまっても不思議はありませんが、そこに踏み込みさえすれば世にも稀な幸せな時間が待っているのです。

このように大衆酒場においては酒肴を味わうこと以外にも、その店を攻略する、コツを会得する楽しみがあると言えますが、店に入る前にまず一つ発見がありました。一階は完全立ち飲み、地階には椅子もあるわけですが、通りから中を覗くと一階の様子だけでなく、地階の空席状況も一目で分かるのです。腰掛けて飲めるかどうか瞬時に分かるとは、秀逸な構造です。これが決め手となって中へ入りました。食券の買い方についても前回学んだことを活かしました。前回は一つ追加する毎に席を立って食券機まで行っていたのですが、確実に追加すると決めている分については最初に全部買ってしまい、手元に置いておけばいいのです。そこで生ビールとメガハイボール、料理の共通200円券とハムカツの券をまとめて買い、このうち先ず生ビールと200円券だけを出して始めました。
それからもう一つ、こういった大衆酒場は当たりの肴と外れの肴がある店が殆どです。前回食べたハムカツと胡麻鯖などはそれぞれの典型でした。ハムカツは今日もいただきましたが、揚げ立て熱々で厚みがあり、これで350円とは天晴れです。一方で他のものは今回も安かろう悪かろうでした。当たりの肴をもう二つか三つ見付けられれば、この店の景色はかなり変わってくるかも知れません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC00624_20190111151401ce0.jpg
一度は最高の焼き鳥屋と絶賛した「笑伝」で残念な思いをしたことを先日報告しました。焼き鳥の最初の一串が出てくるまでに三十分以上も待たされては組み立てようがありません。あの日は極端であり不運だったのですが、実は前から嫌な予感はありました。もともと焼き鳥にしては提供に時間のかかる店だったのです。恐らく焼き方などもごく丁寧にやっているのでしょう。そうでなければあそこまでの美味にはなりません。
ここにおいて、とにかく美味い焼き鳥をという発想から一度外れてみようと思い立ちました。たとえば我らが高田馬場の「鳥安」です。ネタの味や大きさ、安さ、提供の早さや店の雰囲気など、総合点では出色の存在ですが、実は感動する程の美味というわけではありません。具体的に言うと、焼き過ぎのネタが多いのです。ささみやハツ、つくねなどがそれです。ぼんじりや手羽など脂の多いネタは文句なしなのですが、そこを基準にして一律に焼いているのが原因でしょう。焼足りないという失敗はなく、そこそこ美味く、素早く提供出来るというわけです。これに対してささみやハツなどの繊細なネタを最高の焼き加減にするには、付きっ切りで手を掛けなければなりません。笑伝での失敗の反動から、完璧な美味でなくてもいいから総合点の高さを求めたい気持ちが強まったというわけです。

前置きが長くなりましたが、本日訪ねたのは表題の店、笑伝のすぐ近くです。そして概ね求めていた通りのものがありました。味ではやや劣り、ビールもスーパードライです。しかし提供が遅いこともなく、価格も良心的。クバラのタレがかかったキャベツを敷いた大皿に焼き上がった串が次々と直接置かれるという、最近余り見なくなってきた福岡式も好印象で、総合点が高いです。
もちろん時間がかかってもいいからとにかく美味い焼き鳥が食べたいと思う日も今後あるでしょう。使い分けの候補として良い店を見付けました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。