即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

15分程待っていたら雨は上がり、すぐに晴れ上がりました。これもよくある事です。再びカブで始動しました。

DSC09068_20180908165858ba8.jpg
この最終局面まで来て昼食の店選びはとても重要ですが、我部租河食堂の再訪としました。前回は開店直後の十時台に来たので閑散としていましたが、この時間なので流石に盛況です。注文するは勿論当店名物のソーキそば、小600円大700円と言われると困りますが、最後なので大にしました。

DSC09069_20180908165900dc9.jpg
自家製の麺が絶品です。沖縄そばにはごく珍しい極太ちぢれ麺は、滑らかさ、柔らかさ、歯応え、コシ全てが両立しています。出汁とソーキは特筆する程の美味ではありませんが、満足出来る味わいです。そして軟骨ソーキと本ソーキがそれぞれ三つずつも乗ってこの値段は実に良心的です。
各地に支店を持つ有名店になりながら、少なくともこの本店は俗な雰囲気が全くないのも良いところです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09049.jpg
那覇の食堂で食べるのもこれで最後です。高良食堂にトリを務めてもらうことにしました。

DSC09050_201809071610199c7.jpg
DSC09051_201809071610215d1.jpg
毎日通ったとしても何を食べるか迷ってしまいそうなくらいに膨大な品数の中から、即決するのは不可能です(笑)。その中から直感的にBランチを選んだのですが、目の前に運ばれてきて私は目が点になりました。余りに量が多過ぎるのです。まずそばと刺身があって、巨大な皿にはカツ、鶏モモ肉の唐揚げが三つ、手羽が一本、目玉焼き、千切りキャベツ、大盛りのご飯が乗ります。そばもカツも立派な一品の分量です。
私は食べ物を残すという行いが心の底から嫌いで、特に自分の意思で注文した食べ物は、残すくらいなら身体を壊してでも食べ切るべきだと考えています。だからこのように予想を大きく超えて量が多かった時に困るのです。俺はこのBランチを絶対に残さず食べ切るぞ、食べ切るのだ。こう繰り返してから戦いに挑みました。前回食べたのはそばとカツ丼のセット、600円でした。これも迫力ある食べ応えでしたが、驚くほどの特盛りというわけではありませんでした。Bランチは650円、50円しか違わないとは思えないくらいに量が多いのです。

ともあれ、これだけの分量で650円というのはたいへんに良心的、これぞ大衆食堂の鑑です。それだけでなく、住宅地の裏路地にあることや、家族経営であること、地元客が引きも切らない様など全てが健全です。沖縄の食堂の素晴らしさを実感して、良い締め括りが出来ました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09039.jpg
この土壇場に来て那覇の食堂の取捨選択をするのはきりがなく辛い作業だと言いました。ここまでくれば「どの店に行くべきか」と理屈で考えても仕方ありません。今の気分でどの店で食べたいか、その欲求に素直に従うべきでしょう。その結果またも島ちゃん食堂にやって来ました。三回目にして念願が叶い、店の前にカブを停めて一緒に写真に収めることが出来ました(笑)
前々回、前回ともに12時台に訪ねたらかなりの盛況で、料理が出てくるのもそれなりに待ちました。そこで今日は13時を狙って来たところ空いていました。目論見通りです。

DSC09040.jpg
そして一切の迷いもなく前回と同じマーボー豆腐を注文しました。本当に素晴らしい味わいです。期間を空けずに立て続けに食べたわけですが、それでも心底感動する程に美味なのです。単に餡が美味いだけではありません。かなり辛い餡と味の濃い豆腐、ご飯が三位一体となり、さらには挽き肉の味わいやその分量、片栗粉の効かせ方に至るまで全ての要素が良く、且つそのバランスが完璧なのです。まさに秀逸。

付け合せのおからのいなりに、ゴーヤーとミミガーとシブイの酢の物、ゆし豆腐がたっぷり入った味噌汁、おからのプリンもどれも絶品です。盛りも気前が良く、これが700円で食べられてしまうとは。やはりここに来て正解でした。はるばる沖縄まで来たなら誰もがまず沖縄料理を食べるでしょう。その段階を過ぎた向きにはまずこの店を薦めたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09032_20180905171629c96.jpg
自炊は終わり、冷蔵庫に入っているのはヨーグルトと葱だけです。今日はもちろん那覇の食堂巡りを楽しみます。やって来たのは今回の旅では二回目となるルビーです。十時の開店を待ちかねました。昨日の「亀かめそば」でも同様だったのですが、半年以上もの間が空き、且つこれで最後だと思うとどうしても手堅い選択になってしまいます。前回と同じCランチを注文しました。10円値上げされて600円になっていました。

DSC09033.jpg
DSC09034.jpg
カツは巨大で脂身も多く、サラダには濃いドレッシングがかかり、揺るぎない高塩分、高カロリーです。味も、はっきり言って特別美味というわけではありません。しかしここでは味の良し悪しは二の次です。
先ず平皿でスープが出てくるところ、その巨大なカツの下にナイフとフォークの先を潜り込ませるようにして添えるところ、皿の隅にご飯を丸く盛り付けるところ。この店ならではの個性を堅く守り、それを長く続けることで愛好者が付く。その様は潔く健全で、そうして醸成された雰囲気が良いのです。こんな中途半端な時刻にもかかわらず他にも何人もの客がいることが、それを物語っています。

これだけ腹を空かせて臨んだというのに、Cランチでも中盤で息切れしてしまいました。BランチやAランチなどたのんだらどうなってしまうのでしょうか(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09027.jpg
那覇を去る前に訪ねてみたい食堂を挙げ出せばそれこそきりがありません。取捨選択も辛い作業ですが、その中の一軒に昼を食べに来ました。二度目の訪問となる亀かめそばです。半年ぶりです、手堅く前回と同じフーチバー入りの軟骨ソーキそばの中を注文しました。

DSC09028_2018090414071090b.jpg
先日訪ねた「麺家丸翔」のずば抜けた美味には及びませんが、たっぷり乗ったフーチバーとソーキ、出汁、麺のバランスがとれたこの店ならではの完成された味わいです。大ぶりなソーキが四切れも乗って麺の分量も多く、これで550円とは天晴れ。昔ながらの食堂の雰囲気も良く、那覇を代表するそば屋の一つです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC09022_201809031601125f5.jpg
DSC09023_2018090316011416f.jpg
本日の昼食はまさかのバーガーキングでいただきます。本来700円以上するセットが平日に限って490円という広告にまんまと釣られたのです。沖縄には僅か三店舗しかないのですが、そのうちの一つである沖映通り店は歩いて行ける距離です。

大手ハンバーガーチェーンの中ではバーガーキングは好きな方です。材料は粗悪なものでマクドナルドと同程度で、モスバーガーとは格が違います。しかしこれぞハンバーガーといった素朴で外連味のない味付けが妙に心を捉えるのです。ただしそれだけではありません。私は生まれも育ちも関東で、両親も関東の出身です。父は東京下町の貧乏な家の生まれで、母は群馬の農家の娘です。幼い頃から濃い味付けに慣れ親しみ、味覚が下品なのです。
モスバーガーは言うなればハンバーガー界の京料理のようなものです。材料は吟味され調理は極められ、さらには日本人の食としてのハンバーガーを生み出すべく数々の創意工夫が連綿と積み重ねられてきました。
しかし私のような下品な味覚の持ち主は、こうした洗練を極めたものだけを食べていると物足りなくなってくるのです。例えて言うなら、上品で繊細な料理を居酒屋で楽しんだ後に最後にラーメンやカレーうどんが食べたくなってしまうようなものです。それがバーガーキングにも惹かれる理由です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08993_20180831171110566.jpg
今日の昼はここしかないと決めていました。再び海中道路を走って沖縄本島は与勝半島に戻って来たところで、勝連の麺家丸翔を再訪しました。ランチマップに掲載されていたのを理由に以前に一度食べて、その美味を絶賛しました。

DSC08994_2018083117111210a.jpg
屋号を冠した丸翔そばの大750円を注文しました。澄んで上品な出汁がとても良く、自家製の麺は滑らかでもちもちしていながらしっかりしたコシがあり、他店とは次元の違う味わいです。本ソーキ、軟骨ソーキ、スーチカーが乗りますが、どれも食感、味わいともに最高です。また、着色した紅生姜を使っていないのもたいへん好印象です。
沖縄本島各地や宮古、八重山でもそばを食べ歩きましたが、この店がダントツの一位だと言い切ります。非の打ち所がない美味とはこれを言うのでしょう。もしこの店が那覇の市街地にあり、そしてこの値段で出していたなら、連日大行列になってしまうでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08950_20180827163025f40.jpg
この流れならば、市場通りにある無数の古く味わいある食堂の中からどれかを選んで入るのが自然です。そしてそうしたい気持ちも勿論ありました。しかしそれらを差し置いて前から気になっていた店で昼を食べることにしました。農連プラザの二階の食堂街に入る表題の店です。

むろん味わいのようなものはありませんし、大仰な屋号も無粋で気に入りません。しかし開店記念でそれぞれが百円引き、カツカレーで元の価格が通常のカレーの百円増しの700円と、ただでさえ安いところにこれは魅力です。潔くカレー専門でやっている店のカレーというものをたまに無性に食べたくなるというのもありました。

DSC08951.jpg
注文したのはその600円になっているカツカレーです。しかしカツは薄く固く、お世辞にも美味とは言えません。ルウも深みがなく凡庸な味わいで、専門店と思えば物足りないです。魔法のランプのようなカレーポットは見た目には興奮必至ですが、残念ながらこれはカツカレーには合っていません。これだとカツにばかりルウがかかってしまうからです。そもそも皿が小さくて食べづらいです。見た目を重視して食べ易さを損じてしまっているのは本末顛倒です。
一方で美点は、ルウに入っている牛肉が柔らかく煮込まれていてたいへん美味なことです。ここから導き出される結論は、カツカレーはいまひとつですが普通のカレーは全く悪くないということです。今なら500円で食べられるのだから尚更です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08917_201808231450575fd.jpg
満を持して島ちゃん食堂を再訪しました。ここは駐車場がなく、皆店の前に路駐して食べています。ならばどうせならカブを目の前に停めて写真を撮りたかったのですが、残念ながら今日も先客で一杯でした。平日の十二時台という条件は前回と同じで、埋まりそうで埋まらない、たまに待ち客が出るも一人ならば何とか座れるというのも同じです。絶妙の客入りです。

DSC08916.jpg
今日は初めからそうと決めていた通りにマーボー豆腐を注文しました。小650円、並700円なので、折角だから並にしました。前回は写真に収められなかったおからのいなり、ゴーヤーとミミガーの酢の物、おからのプリンも撮りました。ただしマーボー豆腐を食べ始めたところで味噌汁も出てきました。ゆし豆腐がたっぷり入っていて嬉しいです。

そしてこのマーボー豆腐は絶品、秀逸です。なかなかの刺激的な辛さで、子供や辛いものが苦手な人は無理でしょう。赤い色をしていて片栗粉でとろみが付いています。これは四川風というのでしょうか。北浦和の名店「娘娘」のマーボー豆腐を彷彿とさせますが、豆腐が美味いので味わいが際立ちます。
実は今日は食べ進めながら観察しようと思っていたことが一つありました。マーボー豆腐に次ぐこの店の二番人気は何だか探ろうとしたのです。ところが途中からそんな事はどうでもよくなってしまいました。明日にでもまた再訪して、続けてまたこのマーボー豆腐を注文したいと思わせる程に美味だからです。そして繰り返しますが、この店の訪問がこうも遅くなってしまったことをつくづく後悔しています。

DSC08918.jpg
それから、前回ぬるい点が一つありました。食堂の脇から入ってすぐ裏手に当の豆腐屋があるのに、これを見過ごしていたのです。細い通路の奥に人知れず豆腐屋がありますが、小売りもしているようで料金が表になっていました。地元の人が買いに来るのでしょう。豆腐やおからを買って持ち帰りたかったのですが、この暑さでは憚られました。次回は保冷バッグを持参するのも一案です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08907_2018082210002373c.jpg
DSC08908_20180822100024b9e.jpg
四日に一度の外食、一番やりたかったのは朝はごく軽くして島ちゃん食堂を再訪することでした。しかし間が悪く今日は定休日でしたorz
そこで、ここいらで弁当屋もいいだろうということで、わかさ弁当で買ってきて本日の朝食としました。石垣島でもよろずストアーや知念商会で沖縄らしい弁当屋の風情を味わうことが出来ました。しかし本場那覇の弁当屋はやはり格が違います。この内容と分量でスープまで付いて300円という安さは天晴れとしか言いようがありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。