即時更新でお届けする、日本一周の旅実況中継
お知らせ
●携帯端末で即時更新しています。
●後から写真を貼り付けていきます(なるべく翌日朝までに)。
●月別アーカイブ、カレンダーの日付けから入っていただくと、記事を古い方から順にお読みいただけます。
コメントについてのおことわり

←前の頁  | ホーム |  次の頁→

DSC08226.jpg
DSC08227.jpg
波照間郵便局を訪ねます。局舎は何の変哲もないものですが、日本最南端の郵便局と書かれた木の看板が掲げられています。ただしそれが他の看板の後ろに隠れるようにしてあり、全く目立たないのが残念です。

DSC08230.jpg
何度か述べてきたように、過去に一度訪ねて貯金をした郵便局では重ねて貯金をしない主義ですが、ここでは例外として窓口で貯金をして通帳に局名印をもらいます。ここまでやって来たからには旅の記念としないわけにいはいきません。この日本一周で三波簡易郵便局、珸瑤瑁郵便局に続いて三回目の例外措置となりました。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08224.jpg
宿で貰った波照間島の詳細な地図を眺めていると、一つ見逃せない物件が記されていました。それが泡波酒店です。確かに八年前に来た時にはこれはなかった筈。集落に戻って来たところでいの一番に訪ねてみました。果たして狭い店内には一応冷蔵庫が一つあって冷えたビールも売られているものの、事実上の泡波を売る専門店です。泡波を求める島外の観光客に幾つかの売店にしつこく来られるよりも、いっそのこと販売に特化した店を構えてしまおうということなのでしょう。

DSC08223.jpg
今日は一人二合瓶一本までということでした。そして購入は一人一日一回と決められています。日によってこれが一人二本までになったり、三合瓶や一升瓶が入荷する日もあるということでした。二合瓶は一本460円です。一般的な泡盛二合に比べればやや高いですが、一升に換算すると2,300円です。少なくとも見世物価格の狂騒とは無縁の健全な価格です。ここには日参することになりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08221.jpg
続いて波照間空港にやって来ましたが、何と新しい建物に建て替わっていました。これにはびっくりしました。昔の国鉄駅のような佇まいだった先代が失われた残念もさることながら、定期航路が廃止されて久しいというのにこんな事をする必要があるのでしょうか。入口の自動ドアは電気が落とされて固く閉まっています。中を覗き込んでも当然人の気配はなく、真新しい建物が全く使われていない様は却って不気味です。どうにも無駄に思えて仕方ありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08218.jpg
DSC08219.jpg
波照間島名物の可倒式風車を見に来ました。運の良いことに倒している状態でした。しかしこうなると立っている時の姿も見たくなります(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08216.jpg
DSC08217.jpg
続いてニシ浜にやって来ました。何という美しさでしょうか。八重山で一番のビーチと言われるのも伊達ではありません。リーフエッジの辺りの青がとりわけ深く美しく、宮古でも他でも見たことがない無二の色をしています。むろんこのニシ浜で泳ぐのも波照間島での大きな目的、楽しみの一つです。ひとまず明日以降の楽しみにとっておきます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08213.jpg
DSC08214.jpg
続いて波照間島の最西端にあたる毛崎ビーチに来ました。浜シタンの林を抜けると美しい浜が現れます。その向こうに西表島を遠望する素晴らしい景色です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08210.jpg
DSC08211.jpg
高那崎を後にして島一周道路を時計回りに西へ進んできました。底名溜池展望台を訪ねます。珊瑚の死骸を積み上げて作った円筒形の展望台、そういえば沖縄の物見台は皆こういう形をしています。ここから最果ての海を一望します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08203.jpg
DSC08205.jpg
高那崎は最南端の碑だけではありません。切り立った断崖が細長く切れ込んでいて、そこに波が当たって激しく砕ける素晴らしい景観です。沖縄の海ではなかなか見られない眺めですが、ここから先は果てしない外洋が広がっていることを実感させてくれます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08201.jpg
DSC08202.jpg
波照間島に上陸したところで早速島の食堂へ、とはいきません。石垣島で予め買っておいたものが食べられる今日は節約出来る唯一の機会です。いやそれよりも、最南端の碑の近く、大海原を一望する東屋で食べるひとときが何より贅沢です。島影は一つも見えません。吹き抜ける風が心地好いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。
DSC08199.jpg
DSC08194.jpg
DSC08207.jpg
IMG_5021.png
この旅も遂にここまでやって来ました。日本最南端、高那崎に到達しました。大きな旅の感慨が湧き上がりますが、喜ぶのはまだ早いです。ここは一般人が自由に到達出来る最南端であって、国土の本当の端っこではありません。真打ちはこの後登場します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

日本一周 ブログランキングへ
 ↑ ランキングに参加しています。よろしければ二つのバナーをクリックして頂けると幸いです。ご協力をお願い致します。